不動産売却物語

親族を住まわせていたお家があるが、退去する事になったので売却したい

資産処分

【お客様の背景】

■売買の別:売却
■氏名:S・K 様
■年代:50代
■ご職業:無職
■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:石狩市
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:チラシ

【ご相談内容】

石狩にある家に妹を住まわせていたが事情により出る事になりました。私自身は札幌に持家があり石狩の家は誰も使う予定がなく、賃貸にしても築が古く修繕費がかさんで割に合わない点や、今の住まいから離れており管理が面倒な事からこのままの状態で処分したいです。妹がチラシを見たのをきっかけに相談してみようと思い電話しました。

【ご提案した解決策】

冬前までにお時間があり現状価格も高騰している事から、雪が降る前までは仲介で販売を行い、それでも売れなければ買取のご提案をさせて頂きました。仲介の場合は手元に残る金額が多いメリットがありますが、買う方がいないといつ売れるかわからないデメリットがございます。買取の場合、手元に残る金額は少なくなりますが、売却金が入る決済日が確定している事や、境界明示の義務・お荷物の撤去・登記に関する事もすべてこちらで請け負うメリットをご説明しました。ご検討頂いた結果、今回は買取にてお話が決まりました。

【担当営業として大切にした要点】

売主様が好条件になるようなご提案をさせて頂きました。

担当スタッフ
藤田 修宏
これまでたくさんのお客様のご縁を仲介させていただきました。 まだまだ若輩者ではありますが、地域密着をモットーに精一杯頑張っておりますので、ご購入・ご売却・お買い換えのご相談は藤田修宏におまかせください!宜しくお願いいたします。

今なら
「住まいの売却完全ガイド」
無料プレゼント