不動産売却物語

別荘として使用している建物の管理が大変になり処分したい。

資産処分

【お客様の背景】

■売買の別:売却
■氏名:H・N 様
■年代:60代
■ご職業:無職
■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:石狩市
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

夏場だけ別荘として使用していた建物があるが、高齢になって行く機会も少なくなり管理が難しくなったので手放したい。購入時も安価で入手したため高い金額は望まず、安くても処分できるのなら確実な処分を優先したい。荷物も撤去しようと思うが、できればそのまま荷物も引き取ってほしいというご相談です。

【ご提案した解決策】

建物は古い戸建ですが購入されてからメンテナンスを行っており、非常に良好な状態でした。そのため一般に広く買主様を探す「仲介販売」でも早期に成約する可能性が高いと判断し、仲介・買取の両面でご提案させて頂きました。
仲介で売れた場合、買取と比較して手元に残る金額が多く、お荷物撤去費用を含んだ金額で販売すれば持ち出しが無い事もご説明しましたが、仲介金額と買取金額をお伝えした結果、買取金額がご相談者様の予想以上に高かったようで、買取にてお話が決まりました。

【担当営業として大切にした要点】

売主様の利益になるように考えながらご提案させて頂きました。

担当スタッフ
藤田 修宏
これまでたくさんのお客様のご縁を仲介させていただきました。 まだまだ若輩者ではありますが、地域密着をモットーに精一杯頑張っておりますので、ご購入・ご売却・お買い換えのご相談は藤田修宏におまかせください!宜しくお願いいたします。

今なら
「住まいの売却完全ガイド」
無料プレゼント