不動産売却物語

セカンドハウスとして使用している家を売りたい。

資産処分

【お客様の背景】

■売買の別:売却
■氏名:K・K 様
■年代:50代
■ご職業:会社員・公務員
■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:石狩市
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ご紹介

【ご相談内容】

石狩に家を購入して住んでいましたが、札幌にある親の家を相続で取得したため、札幌へ引っ越しました。その後、石狩の家はセカンドハウスとして使用していましたが、最近はほとんど行く事も無くなりました。そのままにしていても税金だけが掛かりもったいないので、売却したいと考えています。

【ご提案した解決策】

お家を拝見し、現地査定を行ったうえで売却金額をご提案しました。
今回ご相談頂いたお家は、過去に大規模なリフォームを行っていたこともあって内装状況は良好でした。手直しをしなくてもお住まいになれるという事で、査定価格には加点要素となりました。加えて角地に位置する敷地だったため、更に需要性は高まりました。
その後、売主様にも承諾頂き、ご提案した売却金額にて販売する事になりました。広告して売り出しを開始したところ、さっそく一組目のお客様からお申込みを頂き、その方にてご成約となりました。
買いたいお客様からの反響は大きく、実は、その方以外にも二番手、三番手とお申込みが入るほど、多数のお問合せを頂きました。

【担当営業として大切にした要点】

空き家にしたまま冬を越すと、状態の良いお家でも傷んでしまいます。そのような事態をできるだけ避けるためにも、適切なご提案ができるように心掛けました。

担当スタッフ
藤田 修宏
これまでたくさんのお客様のご縁を仲介させていただきました。 まだまだ若輩者ではありますが、地域密着をモットーに精一杯頑張っておりますので、ご購入・ご売却・お買い換えのご相談は藤田修宏におまかせください!宜しくお願いいたします。

今なら
「住まいの売却完全ガイド」
無料プレゼント