不動産売却物語

見たことのない土地を持っているので処分したい。

資産処分

【お客様の背景】

■売買の別:売却
■氏名:H・S 様
■年代:40代
■ご職業:会社員・公務員
■お住まいの地域:釧路市
■ご相談の地域:石狩市
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ネット
 

【ご相談内容】

贈与された土地があり固定資産税を毎年支払っています。ところが実際は現地を見たこともない土地で、今後使うことがないので処分したいと考えています。固定資産税の支払いは微々たるものなので、持っていてもそれほど経済的に影響はありませんが、子供に残すのも嫌なので、できれば処分したいです。
 

【ご提案した解決策】

お問合せを頂いてから土地の所在を伺い、早速現地を確認させていただきました。固定資産税の支払いは微々たるものというお話にもあった通り、評価自体がほとんどない環境でしたが、南西角地で100坪ほどある土地でした。
売却時期は急がないようでしたので仲介金額を算出し、市場に売り出して仲介にて販売することになりました。売主様も見に行ったことがない土地だったため、資料などをお送りし、どのような場所かをお伝えしました。
販売活動を行ってみると、お時間はかかりましたが無事にご成約まで至りました。買い手の方が決まった後、残代金の決済前に売主様が札幌に来られる機会があり、ご自身で現地を見に行かれたようでした。その際に私とも初めてお会いし、「本当に売れて良かった」と感謝の言葉をいただきました。
 

【担当営業として大切にした要点】

売主様は物件から遠方にお住まいでした。すぐに来られる距離ではないのでこちらが動いて、売主様のご負担がないように取り組みました。

担当スタッフ
藤田 修宏
これまでたくさんのお客様のご縁を仲介させていただきました。 まだまだ若輩者ではありますが、地域密着をモットーに精一杯頑張っておりますので、ご購入・ご売却・お買い換えのご相談は藤田修宏におまかせください!宜しくお願いいたします。

今なら
「住まいの売却完全ガイド」
無料プレゼント