不動産売却物語

花川に使用していない空家があるので処分したい。

相続後の売却

【お客様の背景】

■売買の別:売却
■氏名:H・S 様
■年代:50代
■ご職業:無職
■お住まいの地域:東京都
■ご相談の地域:石狩市
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

東京に住んでいますが、花川に父が一人で住んでいた家があります。父が亡くなってから2年ほど経ちますが、それからずっと空き家にしているので処分を考えています。お隣とは仲が良く、ご厚意で雪の管理もしてくれていますが、さすがに申し訳ない気持ちがあるため、金額よりも早急な処分を優先したいです。

【ご提案した解決策】

早急に処分したいということでしたので、当初は買取のご提案をしようと思っていました。ところが、お家の売却にあたりお隣へご挨拶に伺った際、ご子息がいらっしゃり、もし銀行で住宅ローンを借入できるのであれば隣家を買いたいというお話を頂きました。そのままお話が進み、ご要望に応じて私の方で銀行融資の手続きをお手伝い、ご購入頂ける状態が整いました。売主様にも承諾を頂けたため、その後無事にご成約となりました。
売主様も、隣の方のご子息が購入を希望されていると聞いて、まったく知らない人に売るより不安もなく、雪の問題も理解してもらえているので、安心して売り渡すことができるとご満足頂けました。

【担当営業として大切にした要点】

売主様のご都合や人間関係にも配慮し、金額以外の部分でも利益につながるようご提案致しました。

担当スタッフ
藤田 修宏
これまでたくさんのお客様のご縁を仲介させていただきました。 まだまだ若輩者ではありますが、地域密着をモットーに精一杯頑張っておりますので、ご購入・ご売却・お買い換えのご相談は藤田修宏におまかせください!宜しくお願いいたします。

今なら
「住まいの売却完全ガイド」
無料プレゼント